使うための情報を効率的にインプットしたい人におススメする「最強の読み方」

2020.01.12 Sunday

0

    ビジネス書100冊読破企画 第8冊目▶最強の読み方



    ■「最強の読み方」を紹介します



    「ビジネス書100冊 読破 企画」の第8冊目です。
    情報収集を効率化したい人、質のいいインプットを求める人に「僕らが毎日やっている 最強の読み方」をおすすめする理由を解説します。

    楽しみでする読書やネットサーフィンはのんびりと読めばいいですが、
    目的ある情報収集の場合、効果的なインプットの方法を理解していないと時間がもったいないですよね。
    本書では、インプットする媒体の選び方をメインに、情報収集の技法を紹介しています。

    インターネット・書籍・雑誌を駆使して情報収集を行っている人こそ、必見の1冊です。




    変化する社会を攻略したい人におすすめする「WORK SHIFT」

    2020.01.11 Saturday

    0

      ビジネス書100冊読破企画 第7冊目▶WORK SHIFT





      ■「WORK SHIFT」の概要を紹介します


      「ビジネス書100冊 読破 企画」の第7冊目です。
      今起こりつつある社会の変化を見つめ直し、今後どう生きていけばよいか不安を抱いている人に「WORK SHIFT」をオススメする理由を解説します。

      本書は今から8年も前の2012年に発売されています。
      2020年になった今読んでみると、「WORK SHIFT」で予想されていた<未来>を迎えつつあることに驚きました
      それほど、本書では高精度に<未来>を予測しています。




      JUGEMテーマ:ビジネス書

      情報の取捨選択ができず、思考をまとめられない人にオススメする「思考の整理学」

      2020.01.09 Thursday

      0
        ビジネス書100冊読破企画 第6冊目▶思考の整理学

        ■「思考の整理学」の概要を紹介します


        「ビジネス書100冊 読破 企画」の第6冊目です。
        今回は、アイデアを形にすることが苦手な人におすすめする『思考の整理学』を紹介します。
        本書は「東大生・京大生が読まれる本」としても有名なビジネス書です。
        本書で取り上げられている「思考の整理方法」は著者の経験や脳の構造を踏まえたうえで、思考を整理する方法が取り上げられており、 エッセイとして楽しみながらも、思考のまとめ方に関する知見が得られます。

        著者は英文学の研究者、外山滋比古氏で、本書は ビジネスマンだけでなく、研究者などの知的生産に関わる人々に向けられた本です。
        東大生・京大生から最も読まれた本としても有名であり、 多様な読者から読まれ続け、販売部数は200万部を突破しています。


        ■アイデアを「考え」に昇華するのが苦手な人におすすめ


        次の条件が当てはまる人は、本書を読むことをおススメします。

        • 情報を集めて、それ以上のことができない人
        • アイデアはあるのに考えがまとめられない人

        本書では

        • 人間の脳が思考しやすい状態
        • 思考を整理する方法

        について著者の考えが述べられています。
        脳の性質を考察したうえで、実際にどうすれば思考を整理しやすくなるのか、方法論も語られているので、気になる人は読んでみてください。


        また、当記事の「イーナの解釈」では実際に本を読んだイーナが重要だと思ったポイントをまとめました。
        本を読むか迷っている人は、一度記事に目を通してみてください。

        ※本の内容を単純に要約している訳ではありません。
        「解釈」としている通り、イーナの考えにより意味が変わっている可能性があるので、実際に書籍も読まれることをお勧めします。

        文章で分かりやすく伝えたい人にオススメする「入門 考える技術・書く技術」

        2020.01.05 Sunday

        0

          ビジネス書100冊読破企画 第5冊目▶ 入門 考える技術・書く技術



          ■「入門 考える技術・書く技術」の内容を紹介します


          「ビジネス書100冊 読破 企画」の第5冊目です。
          仕事で分かりやすいビジネス文書を書けるようになりたい方に「入門 考える技術・書く技術」をオススメする理由を解説します。
          本書で取り上げられている「ビジネス文書の要件」を知らないと、いいビジネス文書を描くのは難しいです…
          ぜひチェックしてください

          続きを読む >>