情報の取捨選択ができず、思考をまとめられない人にオススメする「思考の整理学」

2020.01.09 Thursday

0
    ビジネス書100冊読破企画 第6冊目▶思考の整理学

    ■「思考の整理学」の概要を紹介します


    「ビジネス書100冊 読破 企画」の第6冊目です。
    今回は、アイデアを形にすることが苦手な人におすすめする『思考の整理学』を紹介します。
    本書は「東大生・京大生が読まれる本」としても有名なビジネス書です。
    本書で取り上げられている「思考の整理方法」は著者の経験や脳の構造を踏まえたうえで、思考を整理する方法が取り上げられており、 エッセイとして楽しみながらも、思考のまとめ方に関する知見が得られます。

    著者は英文学の研究者、外山滋比古氏で、本書は ビジネスマンだけでなく、研究者などの知的生産に関わる人々に向けられた本です。
    東大生・京大生から最も読まれた本としても有名であり、 多様な読者から読まれ続け、販売部数は200万部を突破しています。


    ■アイデアを「考え」に昇華するのが苦手な人におすすめ


    次の条件が当てはまる人は、本書を読むことをおススメします。

    • 情報を集めて、それ以上のことができない人
    • アイデアはあるのに考えがまとめられない人

    本書では

    • 人間の脳が思考しやすい状態
    • 思考を整理する方法

    について著者の考えが述べられています。
    脳の性質を考察したうえで、実際にどうすれば思考を整理しやすくなるのか、方法論も語られているので、気になる人は読んでみてください。


    また、当記事の「イーナの解釈」では実際に本を読んだイーナが重要だと思ったポイントをまとめました。
    本を読むか迷っている人は、一度記事に目を通してみてください。

    ※本の内容を単純に要約している訳ではありません。
    「解釈」としている通り、イーナの考えにより意味が変わっている可能性があるので、実際に書籍も読まれることをお勧めします。

    文章で分かりやすく伝えたい人にオススメする「入門 考える技術・書く技術」

    2020.01.05 Sunday

    0

      ビジネス書100冊読破企画 第5冊目▶ 入門 考える技術・書く技術



      ■「入門 考える技術・書く技術」の内容を紹介します


      「ビジネス書100冊 読破 企画」の第5冊目です。
      仕事で分かりやすいビジネス文書を書けるようになりたい方に「入門 考える技術・書く技術」をオススメする理由を解説します。
      本書で取り上げられている「ビジネス文書の要件」を知らないと、いいビジネス文書を描くのは難しいです…
      ぜひチェックしてください

      バリューある仕事をしたい人へオススメする「イシューからはじめよ」

      2020.01.04 Saturday

      0

        ビジネス書1~冊読破企画 第4冊目▶イシューからはじめよ

         

        ■「イシューからはじめよ」の内容を紹介します

         

        「ビジネス書100冊 読破 企画」の第4冊目です。

        イシューからはじめよ」は出版数が20万部を突破しているベストセラーです。
        ロジカルシンキングや問題解決を取り扱う書籍のなかでは定番であり、書名をご存じの方も多いのではないでしょうか。




        知識を使いこなす応用力を身につけたい人にオススメする「地頭力を鍛える」

        2020.01.03 Friday

        0
          ビジネス書100冊読破企画 第3冊目 ▶ 地頭力を鍛える

          ■「地頭力を鍛える」の内容を紹介します

          「ビジネス書100冊 読破 企画」の第3回目です。

          地頭力を鍛える』、著者は東工大卒で現在はコンサルディレクターの細谷功氏です。 本書も論理的な構成になっています。
          一方で文体が固く、分量が多いので、新書などの薄めの本に慣れている方は読みにくいかもしれません。


          ■「知識を使いこなせない」という悩みを持つ人におすすめ


          読んでみた感想として、次のような人におススメの本だなと思いました。

          • 知識や情報を集めるのは好きだが、それらを使いこなせない人
          • 初めて直面する問題にうまく対応できない人

          この悩みを持っている人は、

          • 「勉強はできるけど、他のことは苦手なんだね」
          • 「応用力がないね」
          • 「結果は出すけど、要領悪くない?」

          なんて言われて、悔しい思いをしたことがありませんか?
          イーナはそのタイプでした。
          『地頭力を鍛える』では、効率よく考えるコツや応用力を身につける方法が述べられています。


          ■「地頭力を鍛える」を読めば、問題解決力を鍛える方法が分かる


          『地頭力を鍛える』では、「頭のよさ」を次のように定義しています。


          • 知識力=どれくらいの知識量を持っているか
          • 対人感性力=どれくらい場の空気を読んで人を動かせるか
          • 地頭力=どれくらい考える力を持っているか

          • 知識や情報を集めるのは好きだが、それらを使いこなせない人
          • 初めて直面する問題にうまく対応できない人

          これらの悩みを持っている人は、「知識力」に秀でているが、「地頭力」が追いついていないという状態になっています。
          『地頭力を鍛える』では、「地頭力」はトレーニングできると述べられており、実際のトレーニングの方法を紹介しています。

          「地頭力を鍛えたい!」と思った人は、是非『地頭力を鍛える』に目を通してみてください。
          また、当記事の「イーナの解釈」では実際に本を読んだイーナが重要だと思ったポイントをまとめました。
          本を読むか迷っている人は一度記事を読んでみてください。

          ※本の内容を単純に要約している訳ではありません。 「解釈」としている通り、イーナの考えにより意味が変わっている可能性があるので、実際に書籍も読まれることをお勧めします。

          計画はたてるけど振り返らない・見直さない人におススメする「PDCAノート」

          2020.01.02 Thursday

          0

            ビジネス書100冊読破企画 第2冊目▶PDCAノート


            「PDCAノート」の内容を紹介します

            「ビジネス書100冊 読破 企画」の第2回目です。
            PDCAノート』、 一時期話題になっていたな〜と思っていたら、「2017年度 啓文堂書店ビジネス書大賞」になっていたんですね。
            すっかりベストセラーの1冊になっています。


            著者は外資系でマネージャー職をされている岡村拓朗氏です。
            著者は副業として「時短の仕組み化」コンサルもされているらしく、 『PDCAノート』でも物事を効率化するための考え方を学べます。

            続きを読む >>